< 5月の天体ショー >|墓石のことなら、富士市の金子石材滝戸

< 5月の天体ショー >|富士市の墓石、お墓、墓地

  • 0545642479

    09017834299


    受付時間
    7:00~21:00(年中無休)
  • お問合せ

    交通案内

ブログ

< 5月の天体ショー >

< 5月の天体ショー >

 

今夜は 満月 「フラワームーン」

57()1945分に満月を迎えます。

 

本日は 爽やかな晴れ。

今夜の満月も期待できます。

 

今日 心地よい風というよりは、

少し強めの風が吹いていますね。

 

5月の風物詩、

空を泳ぐこいのぼり。

 

この「こいのぼり」が 美しく空を泳ぐには、

風速5メートル位の風が最適!

 

まさに今!

あちこちで、気持ちよく泳ぐ姿が見られます。

 

 

< 5月の星空 >

 

*北斗七星が宵空の高いところに見えます。

 

*夕空に見えていた宵の明星の金星は、

今月でいったん見納めで、来月以降の明けの明星に。

 

*未明から明け方には木星と土星が並んで見えます。

*13日には月を含めた 3天体集合が起こり、

水星との大接近や、細い月との共演が 楽しめます。

 

< みずがめ座η流星群が極大 >

6日は、みずがめ座η流星群が極大でした。

残念ながら富士周辺は今回雲が多く、

ところによっては雨もパラつき

条件が悪かったので観測は困難でした。

 

※みずがめ座η流星群は

毎年ゴールデンウィークの終わりごろに活動する流星群で、

速度が速いのが特徴。

ハレー彗星の通り道を地球が通過し、

そこに残されていた塵が地球の大気に飛び込んで、

上空100km前後で発光して見える現象です。

 

<月が木星、土星、火星に次々と接近>

5月中旬の明け方、南の空には木星と土星が、

少し離れて南東の空には火星が輝いています。

14日に下弦となる月が、

12日から16日にかけてこれら3つの惑星に近づきます。

月が木星と土星に最も近づくのは13日の明け方です。

木星、土星、月は、

日付が13日に変わったばかりの頃に

南東の空の低い位置にありますが、

時間がたつにつれて高く昇り見やすくなります。

月の北西にある約マイナス2等の木星が、

月の光に負けずに輝く様子を楽しむことができます。

月のすぐ北には約1等の土星。

 

15日から16日にかけて、月は火星に近づきます。

10月の地球との最接近に向けて

明るさを増している火星は既に約0等に達していて、

月の光に埋もれることなく力強い光を見せてくれます。

 

< 524 細い月と水星、金星が接近 

524日の夕方、西北西の低空

月齢2の細い月と水星、金星が接近します。

3天体が整った三角形に並んで見えます。

日の入り30分後の高度が、10度前後とかなり低いので

西北西の空が開けたところがおすすめです。

 

 

【 形が変わる金星 】

 

地球・金星・太陽の位置関係により、

金星は月のように大きく満ち欠けして見えます。

また月と異なり、

金星は見かけの直径も大きく変化します。

形や大きさの変化は肉眼ではわかりませんが、

倍率が高めの双眼鏡や

天体望遠鏡で見るとよくわかるそうなので、

欠けた姿を観察してみてください。

 

 

 

 

参照 

国立天文台 ほしぞら情報

AstroArts

ページトップへ戻る