8月の天体ショー|墓石のことなら、富士市の金子石材滝戸

8月の天体ショー|富士市の墓石、お墓、墓地

  • 0545642479

    09017834299


    受付時間
    7:00~21:00(年中無休)
  • お問合せ

    交通案内

ブログ

8月の天体ショー

< 8月の天体ショー >


流星群や惑星の接近など 8月も盛りだくさん!!

 

< 月が火星に接近 >

10()1時頃 南の空(東京)

 

89()の深夜から

10()の明け方にかけて、

南東の空で月齢19の下弦前の月と

火星が接近して見えます。

地球との最接近を

2か月後に控えた火星は

マイナス1.3等級まで明るくなり、

赤っぽい色もいっそう目立つようになっています。

日付が変わるころには30度ほどの高さまで上っているので、

目を引く光景となりそうです。

 

※次回の接近は96()から7()です。

 

< ペルセウス座流星群が極大 >

12()22時頃 北東の空(東京)

3大流星群の一つである、

ペルセウス座流星群が活動期を迎えます。

活動のピークは12()22時頃と予想されているため、

観測には12()深夜〜13()

夜明け前の時間帯がオススメです。

ペルセウス座流星群は、

1月のしぶんぎ座流星群、

12月のふたご座流星群と共に

3大流星群のつとされており、

観測できる流星数は

年間でも12位を争う流星群です。


< 月が金星に接近 >

16()41分頃 東の空(東京)

 

816()の未明から明け方、

東の空で月齢26の細い月と

金星が接近して見えます。

地球照を伴った幻想的な細い月と 金星の共演は、

数ある月と惑星の接近の中でも

随一の美しさとなります。

 

※次回の共演は914()です。

 


< 伝統的七夕 >

伝統的七夕とは、

旧暦の77日にちなんだ七夕のこと。

現在使われている暦では

伝統的七夕の日付は毎年変わります。

今年は825()。

 

空が暗いところなら、

月が沈んだ後に

織女星(こと座のベガ)と

牽牛星(わし座のアルタイル)の

間に流れる天の川も

見えるかもしれないそうです。

 

 

 < 月が土星に接近 >


8
29()の夕方から30()の未明、

南から南西の空で

月齢11の月と土星が接近して見えます。

 

月と土星の右には木星もあり、

明るい3天体が集まっている光景が 

ちょうど宵のころに南中するので

非常に見やすくなります。

 

*次回の接近は925()です。

 

 

 

 

ウェザーニュースより

 

ページトップへ戻る